スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸自施設部隊をPKO派遣へ 道路復旧など支援 ハイチ大地震(産経新聞)

 政府は25日、大地震に見舞われたハイチへの人道復興支援として陸上自衛隊の施設部隊を派遣する方向で最終調整に入った。同日夕にも開く与党党首級による基本政策閣僚委員会で了承が得られれば、正式に発表する。現地で国連平和維持活動(PKO)に当たる国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)に陸自要員100人以上を派遣し、道路や学校などの復旧に当たる。

 PKOへの自衛隊の部隊派遣は平成14年から約2年間、施設部隊が参加した東ティモールPKO以来。鳩山内閣になって新規の部隊派遣は初めてとなる。

 国連安全保障理事会が19日にハイチPKOへの要員3500人の増派を決議したことを受け、日本としても積極的な国際貢献に踏み切る必要があると判断した。

 大地震を受け、ハイチでは道路や学校など社会資本の復旧が急務となっている。ハイチでは大地震前から内戦が続いているが、政府内のこれまでの調整で、紛争当事者間の受け入れ同意などのPKO5原則の条件は満たしていると判断した。

 政府内には派遣規模について「300~400人になる」(防衛省筋)との見方もある。ただ、国連決議は兵士や治安要員の増派を求めており、日本が派遣を検討する施設部隊のニーズがあるかで流動的な要素もある。

 政府はすでに民間の医療チームに加え、自衛隊の医官らで構成する国際緊急医療援助部隊を派遣している。財政支援についても既に表明している500万ドル(約4億5千万円)を大幅増額し、約7千万ドル(約63億円)を拠出する方針だ。

【関連記事】
「気が遠くなる」 ハイチ大地震、がれき撤去を本格開始
ハイチ大地震11日ぶり生存者救出 死者12万人に
Hope for Haiti Now セレブの輪
自衛隊医官らハイチ被災地入り 仮設テントで治療
ハイチ大地震 治安の確保が最優先課題 赤十字連盟の近衛会長

産経の経済ニュースを携帯に送信 ソフトバンク(産経新聞)
トリアージへの診療報酬上の評価は時期尚早―日医(医療介護CBニュース)
「銀座のママは金持っている」=ひったくり容疑で少年5人逮捕-警視庁(時事通信)
外国人参政権推進派の支柱が撤回 長尾教授「明らかに違憲」(産経新聞)
「認識」証明なら議員辞職=母親からの資金提供-鳩山首相(時事通信)
スポンサーサイト

鳥取不審死、36歳女を殺人容疑で逮捕へ(読売新聞)

 鳥取県内で男性が相次いで不審死した事件で、鳥取市内の摩尼(まに)川で遺体で見つかった同市の電気工事業円山秀樹さん(当時57歳)について、県警は窃盗容疑などで逮捕した同市の元スナックホステスの女(36)が水死させた疑いが強まったとして、28日に殺人容疑で逮捕する方針を固めた。

 同居の元自動車販売会社員の男(46)(窃盗容疑で逮捕)の関与も調べる。

 捜査関係者らによると、円山さんは昨年10月6日朝、電話で呼び出され、家族に「集金に行く」と告げて車で外出。翌7日昼、同市の摩尼川で遺体で見つかった。

 カーナビの記録から、円山さんは女らのアパート周辺に立ち寄り、摩尼川に行ったことを確認。遺体から検出された睡眠導入剤の成分も、女が持ち歩いていた薬と一致した。こうした状況から、県警は、女が円山さんに薬を飲ませた後、川に連れて行って水死させた可能性が高いと判断した。女と男は、円山さんから購入した家電の代金約142万円の支払いを滞らせており、県警は代金を巡るトラブルがあったとみている。

「認知症加算」、85%が算定―千葉県内のケアマネ事業所(医療介護CBニュース)
国民一人一人が出来ることから始めよう 第2回遺骨収集シンポジウム(産経新聞)
<毎日映画コンクール>09年日本映画大賞に「沈まぬ太陽」(毎日新聞)
ネット提言に関心=「まじめな提言多い」-鳩山首相(時事通信)
東電元社員らオリックスから2億4千万詐取容疑(読売新聞)

<マンション協力金>不在所有者の負担認める 最高裁判決(毎日新聞)

 マンションの管理組合が、部屋に住んでいない所有者だけに月2500円の協力金支払いを求められるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は26日、協力金は適法と認めた。小法廷は「管理組合運営を巡って不在所有者に一定の負担を求め、居住所有者との不公平を是正しようとしたことには必要性と合理性がある」と判断した。不在所有者側の敗訴が確定した。

 問題となったのは、71年から分譲された大阪市北区のマンション「中津リバーサイドコーポ」(4棟、全14階建て)。総戸数868戸のうち、約180戸は第三者に貸されたり空き室になって所有者が住んでいない。

 管理組合運営の負担が居住所有者に集中していることに不満の声が上がり、04年3月の総会で不在所有者に月5000円の協力金を支払わせる規約改正を議決。一部の不在所有者との和解内容を踏まえ、07年3月に月2500円に再改正した。不在所有者のうち計12戸を所有する5人が「規約は不公平だ」などと支払いを拒み、訴訟になっていた。

 小法廷は「マンションの管理組合の運営費や業務は本来、組合員全員が平等に負担すべきだ」と指摘。管理組合役員を務める居住者について「不在居住者を含む全員のためにマンションの保守管理に努め、良好な環境の維持を図っている」と認める一方、不在所有者は「役員になる義務を免れて組合活動に貢献していない。居住所有者が貢献した利益のみを享受している」と判断した。

 そのうえで、不在所有者に一定の負担金を求めることに必要性と合理性を認め、「支払いを拒んでいるのは5人に過ぎず、金額も受忍すべき限度を超えない」として規約改正は有効と結論づけた。

 この問題では計3件の訴訟が不在所有者側と管理組合から起こされ、2審・大阪高裁判決は1件について「月1000円の限度で協力金は有効」と認めたが、残り2件で「協力金を求める規約改正は無効」としており判断が分かれていた。【銭場裕司】

【関連ニュース】
身体拘束:賠償認めず、患者側が逆転敗訴 最高裁判決
いじめ訴訟:病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し
政教分離:「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決
社説:市有地に神社 最高裁の「違憲」は妥当だ
ひと:須藤正彦さん 弁護士から最高裁判事に就任

<コインパーキング>京の町並み虫食う 届け出“不要”で増加(毎日新聞)
菜の花 満開で一足早い春 神奈川県二宮町の吾妻山公園で(毎日新聞)
つかこうへい氏 肺がんで入院、「飛龍伝」は上演へ(毎日新聞)
首相動静(1月23日)(時事通信)
地域限定で対策期間=振り込め詐欺で警察庁長官(時事通信)

<自民>外国人地方選挙権付与 反対活動強化へ(毎日新聞)

 自民党の「外国人参政権の慎重な取り扱いを要求する国会議員の会」は20日、党本部で会合を開き、永住外国人への地方選挙権付与を阻止する活動を強めることで一致した。同党は、政府が今国会に提出を予定する外国人地方選挙権法案に反対する方針だが、国会審議での抵抗には限界があるため、世論への訴えに重点を置く。

 会合では会長に村上誠一郎元行政改革担当相を選出した。執行部には24日の党大会で反対を明確に打ち出し、法案の問題点を早急に詰めるよう求めることを確認した。

 この日、出席議員は一様に反対を表明。平沢勝栄元副内閣相が「昨年の衆院選で民団(在日本大韓民国民団)は賛成の候補者を総力を挙げて応援した」と問題提起したのを受け、西田昌司参院議員は「選挙応援してもらって選挙権を与えるのはモラルが破綻(はたん)している」と民主党を批判した。新藤義孝元副経済産業相は「(法案)反対の陳情は民主党に握りつぶされる。自民党が受け皿になるべきだ」と指摘した。【中田卓二】

【関連ニュース】
自民党:中堅・若手議員が「70歳定年制」厳守の決議要求
日韓外相会談:対北朝鮮で協力 米含め3カ国で
外国人地方選挙権法案:石原都知事「絶対反対」
外国人地方選挙権:閣内の足並み乱れ
自民党:外国人の地方選挙権は反対方針

<オードリー>春日さんが骨折 TBSの番組収録中(毎日新聞)
空き巣後に家人に鉢合わせて刃物  事後強盗容疑で男逮捕 新宿署(産経新聞)
大久保容疑者の「接待」報道 東京・向島は穴場なのか(J-CASTニュース)
小沢氏聴取 首相の“連帯責任論”は… 閣僚からも危機感 対応誤れば政権崩壊も(産経新聞)
署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)

2次補正、25日に衆院通過へ=採決で合意-予算委理事会(時事通信)

 衆院予算委員会は22日昼の理事会で、25日に2009年度第2次補正予算案に関する締めくくりの質疑を行い、採決することで合意した。与党の賛成多数で可決、本会議に緊急上程され、同日に衆院を通過するのは確実だ。
 これに伴い、参院予算委で26日に同案の審議に入り、28日に成立する見通しとなった。 

【関連ニュース】
29日に施政方針演説=山岡氏
経済、安保で質疑=衆院予算委
捜査可視化、賛同相次ぐ=小沢氏系グループ会合
鳩山首相、日航再建を全面支援=衆院予算委で本格論戦スタート
首相と自民総裁が直接対決=21日から衆院予算委

アライド代表社員に懲役4年求刑 FX無登録営業で出資金詐取(産経新聞)
安保改定50年で鳩山首相談話「同盟深化、年内に成果」(要旨)(産経新聞)
小沢氏に「どうぞ闘って」…首相一問一答(読売新聞)
ハイチ大地震 「72時間」経過後も奇跡の生還相次ぐ(産経新聞)
中田宏氏「民主党は国を売るのか」外国人参政権に絶対反対(産経新聞)

民家に押し入り腕時計奪い逃走 大田区で強盗 (産経新聞)

 22日午後0時10分ごろ、東京都大田区西馬込の民家に男ら3人が侵入。室内にいた税理士の女性(46)を「おとなしくしたらけがをさせない」と脅して手を縛るなどし、現金約2万円と腕時計1個(時価40万円相当)などを奪い逃走した。女性にけがはなかった。警視庁池上署は強盗事件として捜査している。

 同署の調べでは、男らは3階建て女性方の外壁沿いの塀によじ登り、2階部分の窓を破って室内に侵入したとみられる。女性はマフラーで目隠しされ、タオルなどで手を縛られたが、男らが逃走した後、自分でほどいて110番通報した。

 同署によると、侵入したのは男2人と性別不明の1人。男2人はいずれも30歳代で身長170センチぐらいの中肉で、1人はグレーのスーツを着ていた。

【関連記事】
寺に来客、住職が出たら男が刃物 運営費70万円強奪 東京・高輪
「おれはやくざだ」渋谷の飲食店に強盗
犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは
女性客に水かけ「燃やすぞ」 郵便局強盗で男を再逮捕
餃子の王将店長襲われる

「認識」証明なら議員辞職=母親からの資金提供-鳩山首相(時事通信)
足立区でまた学力テスト不正、生徒に誤り指摘(読売新聞)
鳩山首相、ハイチ復興支援に全力=アジア中南米フォーラム開幕(時事通信)
統一地方選の候補者、橋下知事が公募の意向(読売新聞)
SNA機が羽田に緊急着陸、車輪にトラブル(読売新聞)

民主党大会 「全面戦争」連立与党は困惑(産経新聞)

 政権交代の成果を強調し、夏の参院選に向け、気勢を上げるはずだった16日の民主党定期党大会は、小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入事件が重大局面を迎えたことを受け、暗転した。小沢氏の強気の続投宣言に異論もなく淡々と議事を進行したが、鳩山政権にカタストロフィー(破滅的結末)がジワジワと迫りつつある。

 小沢氏が演壇に上がると約2千人がひしめき合う日比谷公会堂は水を打ったように静まり返った。

 「党大会に合わせたかのように逮捕が行われた。それがまかり通るなら、日本の民主主義の将来は暗澹(あんたん)たるものになる」

 小沢氏の激しい検察批判に会場からは「そうだ!」と同調する声が上がり、最後は大きな拍手がわいた。この演説を意気に感じた議員も多く、森裕子選対委員長代理は「検察をトップとする官僚機構と国民の代表である民主党政権との全面的な戦争です。一致団結して最後まで戦う」とまくし立てた。

 民主党は野党時代に自民党の「政治とカネ」問題を追及してきたが、小沢氏にさらなる説明責任を求める声は皆無。多くの議員は記者団の取材にも応じず、閉会後はそそくさと会場を立ち去った。

 連立与党も困惑の色を隠さない。来賓の社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「国民は真摯な説明を求めている」と言葉少な。国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は「民主党は困難を乗り越え、鳩山政権を力強く支えていただくことを心からお祈りする」と述べただけ。ただ、新党大地の鈴木宗男代表は「検察の暴走はいけない」と気勢を上げた。

 小沢氏は15日夜に党有力議員らに次々に電話をかけ、続投のコンセンサスを得た。これが奏功し、表だった批判は封印された。

 だが、参院選第1次公認候補の壇上での紹介は事件のあおりで取りやめとなった。党内では内閣支持率や参院選を懸念する声が絶えない。ある衆院若手は「最悪だ。普通に考えたら幹事長は辞めるべきでしょ。きょうの説明では参院選は持たない」と焦りを隠さない。「このままいったら首相も小沢氏もおしまい」(中堅)との声も漏れる。

 そんな中、小沢氏に距離を置く渡部恒三元衆院副議長、仙谷由人国家戦略・行政刷新相、枝野幸男元政調会長らは16日夜、仙谷氏の誕生祝いを名目に東京・赤坂の日本料理店に集まった。政変を見据えた動きは早くも始まっている。

雑記帳 店丸ごと“エコ” セブン-イレブンが最先端店舗(毎日新聞)
「小沢氏は説明責任果たせ」自民大島幹事長(産経新聞)
無登録で出資募集、有価証券売買会社など捜索(読売新聞)
<陸山会土地購入>胆沢ダム受注「小沢氏側が謝礼要求」(毎日新聞)
中堅ゼネコン、小沢氏側に“資金提供” パー券購入も出席ゼロ(産経新聞)

消防士長が部下殴る 東京消防庁、停職6カ月 「指示に従わず」(産経新聞)

 部下に暴行して負傷させたとして、東京消防庁は18日、練馬消防署の男性消防士長(35)を停職6カ月の懲戒処分にした。

 同庁によると、消防士長は昨年10月25日午後9時半ごろ、同署内で、出動準備の指示に従わなかった男性消防副士長(33)に腹を立てて顔などを殴り、あごを骨折するけがを負わせた。消防士長は「以前にも指示に従わないことがあり、強いストレスを感じた」と話したという。

 寺西忠裕署長は「事案を重く受け止め、都民の信頼回復に向け職員の教育、指導を徹底して参ります」とコメントした。

【関連記事】
福岡県警、交通安全協会元職員の着服1600万円を内部処理
大阪市職員“ぬるま湯体質”いまもなお
福井県警警部補、親睦会費320万円着服
熱中症で剣道部員死亡、救護遅れた顧問の教諭を停職 大分・竹田市
不適切指導で海自幹部処分 バインダーで部下の頭をたたく

パロマCO中毒判決は5月11日 元社長ら改めて無罪主張し結審(産経新聞)
長男刺殺、二審も懲役6年=裁判員裁判「判断正当」-福岡高裁(時事通信)
<米アラスカ湾>20年前の原油残存 タンカー座礁で流出(毎日新聞)
疑惑晴らすため説明を=小沢氏周辺の土地取引問題で-農水相(時事通信)
スポーツ苦手の日体大フェチ男、男子学生の運動着盗む(スポーツ報知)
プロフィール

ほりうちひろしさん

Author:ほりうちひろしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。